本文へスキップ

遺言、相続手続きのスペシャリスト 帯安行政書士事務所

よくある質問faq

Q&A


Q:できるだけ費用をかけたくないので、手続の方法だけ教えて貰うことはできますか?
A:相談の中で、可能な限りお伝えいたします。お伝えするのに馴染まない内容はお答えできない点だけご了承ください。


Q:何から相談すればいいかわかりません。そこから教えてほしいのですが・・・
A:ご安心ください。お手元の書類などを拝見し、経験則や積み重ねた知識をフル回転させ、必要な対応を浮き彫りにしてゆきます。


Q:弁護士や司法書士・行政書士の誰に相談すればよいか分りません。
A:安心して当事務所にご相談ください。そういう心境の方は大歓迎しております。
 行政書士の大半は弁護士や司法書士を含め、他士業と深く連携しております。当事務所も信頼ある他士業と常に連携しておりますので、いつでもご紹介が可能です。


Q:相続人の中に、精神的な障害が理由で遺産分割協議に参加できない人がいて、相続財産を分けられません。
A:物差しで測ったような一つの決まった答えはありませんので、先ずは一つ一つ現状を把握し、問題を細分化していくことが解決への近道になると思います。現状把握が難しいときは、一度現在の状況をお聞かせください。


Q:不動産の名義が何人かの共有になっていて、処分できません。
A:固定資産税や地震火災保険料、建物の経年劣化に伴う維持費用は避けられませんので、優先順位(仮に売却した場合の評価額の相場の下調べ、評価額から様々な諸費用が捻出できそうかなど)をつけて出来るところから着手されることがよろしいかと存じます。


Q:誰も住まなくなった家屋を、取り壊したらいいのか、売却したらいいのか、そのためにはどうしたらいいのかと悩んでいます。
A:家屋の状態によるのは前提となりますが、まずは取り壊しの費用の見積もりや、売却時の評価額などを、それぞれ複数の業者さんから入手されることから始められるとよろしいのではないかと存じます。収入と支出の相場を把握されることで、次の動き方も自然と開けてくるのではないかと思います。


遺言・相続のご相談はコチラまで

帯安行政書士事務所
〒983-0834
宮城県仙台市宮城野区松岡町56-2

TEL 022-778-7566
メール office@taian-senkodo.com

JR東仙台駅より徒歩8分
※ 無料駐車場2台有り