本文へスキップ

遺言、相続手続きのスペシャリスト 帯安行政書士事務所

料金システムsystem



相談料(※予約制)
電話・メールでのご相談(※紹介者のみ)

基本受託料
出張費用

公的書類の代行取得
遺言書の原案・起案作成(※自筆、秘密、公正証書の全遺言起案等共通)
遺言書に関する公証人役場等の費用(※秘密、公正証書遺言について)

遺産分割協議書の作成
相続人関係図の作成
家系図の作成

その他の書類作成(※権利義務・事実証明に関するものなど)

代理手続き・代行対応


相談料(※予約制)


40分まで。対面でのご相談を想定しておりますので、資料等ご持参のうえ要点をある程度まとめた状態でお越しください。その場で正確にご回答するのが難しい内容のものについては、調査終了後の相談内容のご回答までが40分の相談料に含まれております(※実費等は含まず)。業務を当事務所へ委託される場合は相談料は基本受託料に充当とさせて頂きます。 ¥5,000


電話・メールでのご相談(※紹介者のみ)


紹介のある方に限らせて頂いておりますので、紹介者の方のお名前を相談前に当事務所へお伝えください。なお、電話・メール相談についての回答は1回までとさせて頂いております、あらかじめご留意下さい。 ¥0



すべての委託業務共通で、事実調査や対応手順の確認、着手にあたっての工程の設定などで生ずる、調査費用・事務費用(通信費、交通費、対応費用など)が含まれます。概要を確認後、委託内容の実現のために必要な全体的な費用の算出もさせて頂きます。 ¥20,000



当事務所から10キロ以内かつ仙台市内であれば無料です。 10キロを超える時は、プラス5キロまで毎に500円の出張費用をご負担頂いております
(例:11〜15キロまで500円・・・以降500円ずつ加算)。
応相談



1通あたりの代行取得費用が2000円となります。法務局関連(不動産関連書類)は行政書士に依頼されなくても何とか取得できると思いますが、市区町村役場関連(戸籍、住民票、固定資産税関連書類)からの公的書類の取寄せは、相続人の人数や本籍地・住民票の移動、委任状の作成、郵便小為替の使用、昔の戸籍の旧書体の解読など、相当集中して向き合わないと中々一筋縄ではいきません。この問題に代行取得を通じて行政書士が対応致します。 ¥2,000〜


遺言書の原案・起案作成(自筆、秘密、公正証書の全遺言起案等共通)


遺言書の作成とは、大なり小なり法定相続分と異なる分け方をされる意思表示を書面化することが大半です。したがって、お持ちの財産や、推定されるご相続人の皆様について公的な書類等で正確に全容を把握し、後に紛争が生じる可能性を出来る限り無くすようにしなければなりません。併せて、ただ「分ける」だけでなく、「理由」、「分ける方法」、「分けた後のこと」、「万が一の場合の想定(相続してもらうはずだった人が相続開始前に亡くなる、認知症になるなど)」、皆様の現況に応じた原案・起案をされることをお勧めしております。したがって、前述についての助言等も、この遺言書の委託作成に含まれております。

※必要な根拠資料や公的書類の提示をお願いしております。資料等がお手元にない場合は当事務所でも代行で取寄せ等しております。
¥50,000


遺言書に関する公証人役場等の費用(秘密、公正証書遺言について)


秘密証書遺言の作成完了には11,000円の公証人役場の費用が一律生じます。公正証書遺言とする場合は公証人役場の費用が一律16,000円生じます(公正証書遺言の場合は証書に記載希望される項目の追加等で、その数や内容に応じて別途費用が生じます)。このほかに、証人2名のお手配(お手配が難しい場合は公証人役場または当事務所で証人の手配を致しますが、別途証人の費用が生じます)。

→ 詳しくはこちらをご覧ください。
応相談



相続人全員が特定されていること(被相続人の死亡の事実、法定相続人全員の戸籍等での確認、全員が法的な意思表示が可能なこと)を前提に、全ての財産に関する協議書、特定の財産ごとの協議書(不動産のみ、自動車のみ、その他)、その分割の方法(相殺や売却処分後現金で分割など)、分割後の公租公課の負担(手続き費用、税金、公的保険料等)、特記事項(全員での約束事)などを行政書士で確認し、共同相続人全員の委託を受けた上で、作成の代行を承ります。

※必要な根拠資料や公的書類の提示をお願いしております。資料等がお手元にない場合は当事務所でも代行で取寄せ等しております。
¥50,000



作成する目的としては、法的な手続きのため行政機関に提出した戸籍や住民票等を見易く一枚にしておくことで、関係者全員の手続き上の便宜になりますし、併せてその原本をいち早く手続き終了後返還してもらうためです。 大半の窓口は原本を一度確認してから窓口でコピーをとり返却してくれますが、最初からコピーを持参すると原本の提示を求められます(原本をコピーすると「copy」「コピー」「複写」といった印字がされます)。戸籍や住民票も原本を再度ゼロから取得し始めるとすると、費用も時間も二度手間になります。 保険請求や不動産、金融機関など、相続手続き時には相応数の窓口へ公的書類を提出することになりますので、総合的に見ても、この相続人関係図の作成をお勧めします。

→ 相続人関係図の作成について
¥15,000



作成の委託にあたっては、一定の条件がありますので、こちらをご参照ください。

→ 家系図の作成について
¥50,000〜


その他の書類作成(※権利義務・事実証明に関するものなど)


内容証明郵便、公正証書、契約書関連、覚書、調査報告書など。詳しくはこちらをご覧ください。 ¥10,000〜



お住まいにならなくなった住居、閉鎖する店舗等の家財や設備の整理に関する諸対応(業者の手配や立会い)、公共料金や行政関係の手続きを全般的に代行致します。詳しくはこちらをご覧ください。 応相談



遺言・相続のご相談はコチラまで

帯安行政書士事務所
〒983-0834
宮城県仙台市宮城野区松岡町56-2

TEL 022-778-7566
メール office@taian-senkodo.com

JR東仙台駅より徒歩8分
※ 無料駐車場2台有り